menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

地域社会貢献事業 カレンダー寄付活動
2019/12/26

 弘前支部では地域社会貢献事業として、「カレンダー寄付活動」を12月に行っております。来年のカレンダーを支部会員らが持ちより、社会福祉施設の利用者に寄付を行っております。

 12月25日(水曜日)に社会福祉法人弘前豊徳会、社会福祉法人愛成会、社会福祉法人つがる三和会の3施設にカレンダー総数460部を寄付させていただきました。このうち、弘前豊徳会(下山保則理事長)が運営する市内大川の「サンタハウス弘前」に、大川誠副支部長、椛澤睦子専任幹事、高村光二企画情報委員長らが訪れ、下山理事長にカレンダーを手渡して参りました。大川副支部長は「今後も継続的に奉仕活動を続けていきたい!」と話し、下山理事長は「300室あるすべてが個室の入所施設。そのため施設利用者は掲示するカレンダーが不足している状態です。利用者の皆さんはカレンダーを見ることで時の流れ、季節の移り変わりを感じることができます。寄付していただき大変助ります」と感謝しておりました。

 このカレンダー寄付事業は今回で7回目になります。需要があるのか、カレンダーが集まるのか、毎回心配しておりますが、この貢献事業が支部会員の皆様に定着しつつあり、今年は会員の皆様から、約460部ものカレンダーを提供していただきました。
そしてまた、3施設も快く受け取っていただきました。今後も活動を広げていきたいと思います。ご協力ありがとうございました。

地域社会貢献事業 献血活動
2019/09/18

 令和1年9月14日土曜日、弘前支部では地域社会貢献事業の一つとして、青森県赤十字血液センターと連携し、さくら野弘前店正面玄関前にて献血活動を行いました。
 弘前支部では毎年9月上旬、支部会員の協力を得、献血活動を行っています。会員らはプラカードを持ち、買い物客らの市民に献血の呼びかけを行うなどして協力を呼びかけました。
 当日は44名の献血の受付に対し診断の結果、実際採血をされた方は200ml採血2名、400ml採血35名、合計37名となりました。青森県赤十字血液センターでは医療需要に応えるため採血バス1台につき採血者43人を目標に掲げておりましたが、今年は残念なことに目標を達成することができませんでした。また、この度の献血活動のほか「骨髄移植」の登録の窓口が設置され、1名が登録されました。献血をされた方々には、青森県赤十字血液献血センターからの記念品の他に、弘前支部からもオリジナル記念品を差し上げておりました。皆様、ご協力いただきましてありがとうございました。


※弘前支部の献血活動が、昨年に引き続き7月26日開催「献血感謝の集い」において令和元年度青森県知事感謝状贈呈団体に選ばれ、知事感謝状が贈呈されました。長年にわたる献血活動を通じての地域社会貢献活動が認められことに対し表彰されたものであり、とても喜ばしいことであります。

八戸支部交流会
2019/09/12

 去る7月31日、八戸支部からのお誘いで八戸プラザホテルでの支部交流会へ弘前支部より6名の参加者にて行ってきました。
 交流会は小野寺八戸支部長の挨拶に続き齋藤弘前支部長の乾杯にて開会、ビンゴゲームを楽しむなど終始和やかな雰囲気にて情報交換などを致しました。丁度当日が八戸市の夏祭り「八戸三社大祭」の前夜祭で街はにぎわっており、豪華絢爛な山車を見学しながら2次会場へと皆で向かいました。
 八戸支部役員の皆様、猛暑の中大変お世話になりました。次回は是非、弘前市へお越し下さい。

弘前支部協議会
2019/05/15

 平成31年4月23日(火)午後5時55分から弘前プラザホテルにおいて第8回弘前支部協議会が開催されました。
 齋藤支部長の挨拶の後、議長に葛西利道氏が選出され、第1号から第4号議案まで滞りなく進行し、第5号議案の黒石支部事務局の併設報告では、齋藤支部長から移転の経緯と事務委託契約を締結した経緯の説明がありました。
 続いて第6号議案のその他では、執行部からのお知らせとして、全宅連のハトマークグループビジョンについて説明され、本部に設置する策定特別委員に弘前支部から幹事の柳田健太郎氏を推薦し、5月から策定特別委員会が始動される旨報告されました。
 その後の懇親会では、ご来賓の方々よりご祝辞を賜り、出席会員共々親睦を深め盛会裏に終了しました。

一般公開セミナー
2019/05/15

平成31年4月23日(火)午後4時から弘前プラザホテルにおいて一般消費者及び所属会員を対象とした「弘前支部一般公開セミナー」が開催されました。一般消費者、会員並びに従業者の合計26名が参加頂きました。セミナーは以下の二部構成で行われました。

(第一部)働きかた改革とは   講師:社会保険労務士 菊池励美 氏
   1)ニッポン一億総活躍プラン
   2)働きかた改革
   3)2019年4月以降より運用が開始されました主要な労働法改正
上記の内、特に我々の労働関係に直結する、「年次有給休暇、時間外労働時間の上限の定め」等詳しくご説明いただきました。
   
(第二部)消費税増税法による今後の影響  講師:公認会計士 岡井 眞 氏 
   1)改正消費税の概要
   2)軽減税率への対応
   3)レジ、請求書等の会計システムの対応
   2019年10月以降は 10%標準税率、8%軽減税率、8%経過措置による税率。3種類の税率が存在することの説明が
   なされ、特に最初の10月の請求書は注意が必要であることなど、税率が改正されることによる、注意点をご説明
   いただきました。
   

 講師の方々には、詳しい資料のご提供とご説明いただき誠に有難うございました。会員の皆様には内容的にかなり難しい事項ではございますが、業務推進等に役立てればと思います、また、一般の方には「働きかた改革」「消?費税増税法による今後の影響」をご理解いただけたら幸いに思います。

ハトマークサイト青森ITセミナー
2019/03/07

 平成31年2月26日(火)弘前市高崎にあります日建学院弘前校に於いて、弘前支部主催による「ハトマークサイト青森ITセミナー」が開催されました。弘前支部会員、従業者を含めた、総員12名がセミナーに参加されました。

 ITセミナーは、講師に県協会企画情報委員を歴任された、青森支部所属の油川不動産株式会社の葛西清光氏をお招きし、前半後半の2部構成で行われました。前半に「会社PRの登録方法」、後半に「物件の登録方法」を 参加者一人1台のパソコン及びモニターを用いながら御講義いただきました。

 平成28年のデータをもとに、「ハトマークサイト」が一般消費者からの検索、閲覧が増えつつある事、と同時に一般消費者は不動産店舗に来店するよりも先にネットで物件検索をすることなど、広告媒体がインターネット、スマートフォンへの割合が大きくなっている現状を説明、ハトマークサイトに各自の会社の写真、事務所の写真を掲載することにより一般消費者へのアピールを促し、そしてなにより物件情報を掲載してハトマークサイトの充実を図ることが大切であることを強調。ハトマークサイトに物件登録することにより、「レインズ」「アットホーム」「SUUMO」へ連動して登録が可能なことなど、業務に直結するハトマークサイトの利用方法をたいへんわかりやすくご講義いただきました。参加された会員・従業者にとても有意義なセミナーでした。今後の業務推進等に役立てて行きたいと思います。

新年祝賀会
2019/01/30

 平成31年1月24日(木)弘前市代官町にあります弘前プラザホテルに於いて、一般公開無料セミナー終了後、弘前支部新年祝賀会が開催されました。
 齋 藤 弘 臣 弘前支部支部長の挨拶に引き続き、ご来賓祝辞に(公社)青森県宅地建物取引業協会 橋 場 寛 会長、杉 野 森 照 道 西北五支部支部長の乾杯の発声により祝宴が始まりました。

 新年会恒例の余興では、弘前市百石町にあります「NPOジャズネットワーク 粋族館 」によるムーディーなジャズ演奏、そして宅建弘前青年会会員による「名前ビンゴ」が行われ、いち早くビンゴに名前を呼ばれた会員は豪華景品いただいており、大いに盛り上りました。

 最後に大 川 誠 弘前支部副支部長による三本締めでお開きとなりました。

一般公開セミナー
2019/01/30

 平成31年1月24日(木)弘前市代官町にあります弘前プラザホテルに於いて、弘前支部主催による一般公開セミナーが開催されました。一般参加者が2名、弘前支部会員19名・従業者6名、総員27名がセミナーに参加されました。

 公開セミナーは2部構成で行われました。第1部は、講師に弘前市建築指導課 課長補佐 熊 澤 靖 夫 氏、及び 主査 森 内 茂 秀 氏による「地震からわが家を守ろう」についてご講演いただきました。講演では、青森県木造住宅耐震改修ガイドブックより、耐震診断、住宅耐震改修などの紹介、補強金具の展示等の解説がなされ、大地震の発生が予測される昨今、家屋の倒壊から命を守る木造住宅の改修工事の実例、補助金制度の活用等をご説明いただきました。

 第2部では、アーク株式会社 賃貸保証事業部 部長 佐 藤 哲 也 氏 による「民法改正で知っておきたい賃貸借契約と賃貸保証」をご講演いただきました。講演では、121年ぶりに見直された民法改正案( 2017年5月通過)に伴う、2020年4月1日の施行により、この民法改正が、賃貸借契約に与える影響を、プロジェクターによる図解を交えながら、改正事項をわかりやすく解説いただきました。
 私たちが暮らす弘前市の住宅問題。住宅の耐震化及び民法改正に伴う賃貸借契約と保証問題。講師の皆様に大変わかりやすく解説いただきました。業界関係者のみならず、参加された一般消費者の皆様にも大変有意義な講演でした。今後の業務推進等に役立てて行きたいと思います。講師の皆様ありがとうございました。

地域社会貢献事業 カレンダー寄付活動
2018/12/27

弘前支部では地域社会貢献事業として、「カレンダー寄付活動」を12月に行っております。来年のカレンダーを会員らが持ちより、社会福祉施設の利用者に寄付を行っております。

12月26日(水曜日)に社会福祉法人弘前豊徳会、社会福祉法人愛成会、社会福祉法人つがる三和会の3施設にカレンダー総数680部を寄付させていただきました。このうち、弘前豊徳会(下山保則理事長)が運営する市内大川の「サンタハウス弘前」に、大川誠副支部長、椛澤睦子専任幹事、中井芳隆総務経理委員長らが訪れ、下山理事長にカレンダーを手渡して参りました。大川副支部長は「今後も継続的に奉仕活動を続けていきたい!」と話し、下山理事長は「個室の入所施設がほとんどで、施設利用者の掲示するカレンダーが不足している状態。利用者の皆さんはカレンダーで季節を感じることができ、喜んで利用しております。寄付していただき大変助ります」と感謝しておりました。

このカレンダー寄付事業は今回で6回目になります。需要があるのか、カレンダーが集まるのか、毎回心配しておりますが、この貢献事業が支部会員の皆様に定着しつつあり、今年は会員の皆様から、約680部ものカレンダーを提供していただきました。
そしてまた、3施設も快く受け取っていただきました。今後も活動を広げていきたいと思います。ご協力ありがとうございました。

地域社会貢献事業 献血活動
2018/09/03

 平成30年9月1日土曜日、弘前支部では地域社会貢献事業の一つとして、青森県赤十字血液センターと連携し、さくら野弘前店正面玄関前にて献血活動を行いました。
 弘前支部では毎年9月の第1土曜日、宅建弘前青年会の協力を得、献血活動を行っています。会員らはプラカードを持ち、買い物客らの市民に献血の呼びかけを行うなどして協力を呼びかけました。当日は45名の献血の受付に対し診断の結果、実際採血をされた方は400ml採血39名、200ml採血1名の合わせて40名となりました。青森県赤十字血液センターでは医療需要に応えるため採血バス1台につき採血者43人を目標に掲げておりましたが、今年は残念なことに目標を達成することができませんでした。献血をされた方々には、青森県赤十字血液献血センターからの記念品の他に、弘前支部からもオリジナル記念品を差し上げておりました。皆様、ご協力いただきましてありがとうございました。


※弘前支部の献血活動が、昨年に引き続き7月31日の「献血感謝の集い」において平成30年青森県知事感謝状贈呈団体に選ばれ、知事感謝状が贈呈されました。
  長年にわたる献血活動を通じての地域社会貢献活動が認められことに対し表彰されたものであり、とても喜ばしいことであります。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

- Topics Board -



公益社団法人青森県宅地建物取引業協会弘前支部事務局
〒036-8087 青森県弘前市大字早稲田4丁目5-9
TEL 0172-26-1030 FAX 0172-26-1033
E-mail reinshi@cocoa.ocn.ne.jp